2月6日に、プレイド社にてKARTE User Meetup vol.8を開催しました。

今回も前回と同じく、2名の方に登壇いただき、事例を共有していただきました。

今回の登壇者

事例紹介

divの関谷さん

少数精鋭のマーケチームにおいて、「猫の手も借りたいくらい手が回らない」状況だったという関谷さん。

KARTEを利用することで、時間と人件費の節約につながったと幾つかの事例ともに紹介していただきました。

また、最後にはプログラミング、デザインのできるマーケターになるために、TECH::CAMPの特別プランもご紹介いただきました。

TECH::CAMPで学んで、さらにKARTEを使いこなせるようになるという素晴らしい流れでした笑

楽天生命の小林さん

以前、KARTEの導入事例インタビューにもご協力いただいた小林さん。

その際には、「フットワーク軽くトライアンドエラーを繰り返す」と話していただいておりましたが、今回もKARTE導入の背景、KARTEを導入してよかったことと、事例を紹介していただきました。

懇親会

今回も事例を紹介していただいた後には、そのまま懇親会です。

KARTEユーザー同士の交流も活発で、ただの名刺交換にとどまらず、活発な意見交換や日々の業務の相談などもされていました。
「マーケター同士の横のつながり」もKARTE User Meetupでは重視しているので、嬉しい光景でした。

いつも忘れがちな、集合写真もしっかり撮影。

参加した方々の声

今回もいくつかのコメントを紹介させていただきます。

登壇させていただけるということそのものが価値になりました。
アウトプットすることで新たな気付きもあるため、非常に良い機会でした。
雰囲気としても40名程度いると盛り上がるため、懇親会もとても満足できました。
オープンな事例紹介と、質問をしやすくする仕組み、また懇親会の時間が長めにとられていたことが良かった。ケータリングとビールラインナップが豪華で感動!
同じ課題をもつ異業種との交流は、利害関係から遠いため話しやすくとても新鮮で、新しい情報収集の場として良かったです。
事例紹介はもちろん、懇親会でも様々な企業と意見交換ができたのが良かったです。

参加していただいた皆様、ありがとうございました。

今年も定期的にUser Meetupを開催予定ですので、 今回参加できなかった方も是非次回はご参加ください。

今回の登壇資料

今回も「オープンな文化」に賛同いただき、資料公開にご協力いただきました。

div 関谷さん

楽天生命 小林さん


KARTEのお問い合わせはこちらから

KARTE利用に関するお問い合わせは、こちらよりお問い合わせください。
管理画面のデモや他の事例のご紹介、御社に合わせたシナリオのご提案を行わせていただきます。