6月27日に、プレイド社にてKARTE User Meetup vol.9を開催しました。

今回で、弊社が五反田オフィスで開催するMeetupとしてはラストになります。
3名の方に登壇いただき、各社の取り組みや事例を共有していただきました。

今回の登壇者

事例紹介

ビズリーチの野村さん

マーケターとして「キャリトレ」のプロモーションチーム(広告)、アクティベーションチーム(CRM)を兼務して担当しているという野村さん。

4月にサービス名をキャリアトレックから「キャリトレ」に変え、CMも始めたそうです。

(私たちが)「したい接客」から(ユーザーが)「してほしい接客」という考え方を持って、施策を企画しているという野村さん。

「自分たちがしたい接客を押し付けていた」ということに気づき、不要な接客をやめて、求められた接客を追加したというエピソードをお話していただきました。

ティーライフの土屋さん

お茶やサプリ、化粧品などを販売する「ティーライフ公式サイト」を運営されている土屋さん、今回はるばる静岡からMeetupに来ていただきました。

「嬉しい体験」を提供できるか第一に考え、施策やコンテンツを実施していらっしゃるとのことで、具体的な事例を共有していただきました。

エンドユーザーの喜びのために、オンラインのみならずオフラインでも様々な施策をされているお話も伺うことができ、熱心な姿が印象的でした。

今後の展望は、「一貫した顧客体験」を提供したい。施策を考える時には、ロイヤリティの向上をとにかく考えられているとのことでした。

くまポンの山本さん

割引クーポンの共同購入サイト、くまポン(クマポン)byGMOの山本さん。サイトの特性に合わせた施策を紹介していただきました。

こんな事に使ってみたという具体的な施策とその背景など、Meetupに参加しているKARTEユーザーにとってためになる情報が満載。

KARTEの施策だけではなく、社内の協力体制など運用上のtipsや、最近の悩みなどもシェアしていただききました。

懇親会

事例共有のあとには、懇親会。
参加者同士でざっくばらんに話していただきました。

最後には集合写真をぱちり。

参加した方々の声

今回もいくつかのコメントを紹介させていただきます。

取り扱っているサービスは異なっているが、応用の効く施策として興味深く話を聞くことができた。
KARTEの哲学を体現したクライアントのプレゼンテーションでした。
ほかの企業様がどのような施策を最初に行ったのか、何に注意すべきなのかアドバイスをいただけたので有意義な時間でした。

参加していただいた皆様、ありがとうございました。

次回は新しい銀座のオフィスでUser Meetupを開催予定になります。

今回の登壇資料

今回も「オープンな文化」に賛同いただき、資料公開にご協力いただきました。

ビズリーチ野村さん

ティーライフ土屋さん

くまポン山本さん


KARTEのお問い合わせはこちらから

KARTE利用に関するお問い合わせは、こちらよりお問い合わせください。
管理画面のデモや他の事例のご紹介、御社に合わせたシナリオのご提案を行わせていただきます。