プラクティス

KARTE for LINEを使って効果的にLINEメッセージを配信した事例

膨大な数のユーザーが日常的に利用するコミュニケーションアプリ「LINE」。「LINE公式アカウント」は、国内7,900万人を超えるMAUを基盤とした圧倒的なリーチ力と、ユーザーのほしい情報を届けることができるOne to Oneコミュニケーションに強みを持っています。 今回は、LINEとKARTEを連携させて、ユーザーが求めている情報を、適切なタイミングで届ける方法をご紹介します。…

インタビュー

KARTE導入インタビュー|ENECHANGE株式会社

ENECHANGE株式会社は、電気・ガスのマッチングサービスサイト「エネチェンジ」において、サイトのメインとなる比較~申し込みページにKARTEを導入いただいています。 導入3ヶ月でKARTEを活用した施策を軌道に乗せ、すでに効果を実感していると言います。今回は、スムーズに成果を上げたポイントや、KARTEの運用体制などについて、同社デザイナーの村井様に伺いました。…

インタビュー

KARTE導入インタビュー|株式会社ストリーム(ECカレント)

株式会社ストリームでは、家電通販サイト「ECカレント」においてKARTEをご利用いただいています。ECカレントが目指す、「自販機型」ではなく「実店舗型」な顧客体験とはどのようなものなのでしょうか。 今回は、「ECカレント」におけるサービス体験の改善の取り組みについて、営業本部 フルフィルメント事業部マーケティンググループ 課長の津川様、同グループ関口様、小宮様、山﨑様にお話を伺いました。…

プラクティス

不動産や住宅販売など高単価商材のWebサイトで顧客体験を向上させた事例たち

不動産や住宅、自動車のように値段が高い商材と日用品のように値段の安い商材では、買うまでのプロセスは異なりますよね。値段の高い商材を購入する場合、検討する事項も多く、必然的に検討する期間も長くなります。そうなると、検討期間が長くなりやすい商材を提供する企業側もエンドユーザーとの向き合い方を工夫していく必要があります。…

プロダクト

プロダクトインタビュー|高品質SMS導入で目指す、より良い顧客体験とは

KARTEには、サイト外にいるエンドユーザーとの会話を継続することができるKARTE Talkという機能があります。シチュエーションごとに最適なサービスを選んで、メールやLINEなどユーザーが普段使っているアプリやサービスを通じて会話をすることが可能です。今回は、12月7日にリニューアルしたKARTE TalkのSMS配信機能について、開発を担当した橋谷のインタビューをお送りします。…

プラクティス

位置情報(IPロケーション)データを活用したマーケティング施策や事例

スマートフォンの普及により、位置情報を活用したサービスが続々と世の中に送り出され、今や欠かせないものとして私たちの生活に根付いています。 位置情報は、エンドユーザーとのコミュニケーションの質、CX(顧客体験)を左右します。この記事では、位置情報を活用したマーケティングについてご紹介します。…