CXを紐解き、顧客目線の
アイデアを刺激するメディア

検索
タグから探す

Produced by

KARTE Blocksで制作期間を大幅に短縮。顧客のニーズを汲み取り素早くサイトに反映(ナカジツ)

KARTE Blocksで制作期間を大幅に短縮。顧客のニーズを汲み取り素早くサイトに反映(ナカジツ)

10th Nov, 2020

柳 恵理

柳 恵理

やなぎ・えり

管理運営本部 経営戦略部 マーケティング・広報課 マネージャー

2012年7月に株式会社不動産SHOPナカジツに参画。マーケティング・広報課責任者として、webマーケティング、ブランディング・広報等幅広い業務を担当。
浜田 耕輔

浜田 耕輔

はまだ・こうすけ

管理運営本部 経営戦略部 マーケティング・広報課

2015年に新卒として株式会社不動産SHOPナカジツに入社。 マーケティング・広報としてwebマーケティングからエンジニア領域まで幅広く業務を担当。

愛知県と福岡県・千葉県を中心に、不動産事業を展開しているナカジツ様が運営している不動産情報サイト「不動産SHOP ナカジツ」にて、KARTEをご導入いただいています。同サイトでは、2020年7月にβ版がローンチされたサイト管理システム「KARTE Blocks」を活用することで、軽微なサイト修正をコストをかけずできるようになり、よりユーザーにパーソナライズした施策を実施できるようになりました。

今回はマーケティング・広報課の柳様、浜田様にBlocksを使ったサイト管理や、それにより組織にどのような変化があったかを伺いました。

サイト修正は基本的にアウトソースする必要があり、費用も工数もかかっていた

ナカジツ様 blocks事例まとめ.002

まずはじめに、お二人の業務内容と、Webサイト制作の体制について教えていただけますか?

:私たちの部署では、新規顧客獲得のためのWebマーケティングとブランディング・広報を担っています。それぞれのチームは、広報が2名、Webマーケティングが5名、デザインが2名という体制です。

サイト運営において、課題に感じることはありましたか?

:Webサイトのページ制作や修正は、基本的にアウトソースしています。Webサイトの修正などをアウトソースするためには、都度メール等で連絡し工数や費用を見積もり、社内で稟議を通す必要がありました。そのため、軽微な修正にも約1日くらい、ページ全体の修正には約2週間程度かかっていました。

Blocksで気軽に施策を試せるようになり、チャレンジへの意欲が高まった

Blocksを活用してみて、どのような変化がありましたか?

浜田:Blocksを使うと、アウトソースしなくても社内で簡単にサイトの修正を行うことができ、デザイナー/エンジニアでなくても、数時間あればページ全体を変更することも可能です。先日、キャンペーンのリリース日に合わせてWebページを1ページ分作成する必要があったのですが、使用する素材が上がってきたのが直前で、リリース日に間に合わないということがありました。なので、急遽、私と同じ部署のメンバーの2名で、Blocksを活用して1ページをまるごと更新しました。もう1名のメンバーは、このときBlocksを初めて利用したのですが、要した時間は打合せと作業それぞれ1〜2時間で、合計3時間ほどでした。(事例1)もし、アウトソースしていたら2週間程度かかっていたと思います。

:また、アウトソースすると依頼する工数だけでなく費用もかかるので、じっくり考えないといけなかったりやめておこうかと躊躇してしまったりと、依頼する前にかなり時間がかかっていました。ですが、Blocksを使うと自分たちだけですぐに試すことができるので、やる前に足踏みしていたのが『考えてもやってみないとわからないから、とりあえずやってみよう』というマインドに変わり、高速でPDCAを回せるようになりました。メンバーのチャレンジへの意欲が高まったように感じます。

すべての施策がユーザーにとってプラスになるとは限らず、中には効果の良くない施策もあります。よくなかった場合には、Blocksだとすぐに配信を止めることができるのも、施策を実施するときの安心感につながり、チャレンジのハードルが下がった理由のひとつです。

顧客の動きに合わせて、サイト全体をパーソナライズ化していきたい

今後Blocksによってサイト運営にどのような変化が起きると思いますか?

:Blocksを利用することでデザイナー、エンジニアでなくても直感的に操作でき、誰でも気軽に施策を試すことができるため、今後は顧客の要望をいかに察知し、それを学習しながらWebサイトにどのように反映させるかがより大切になっていくのではと思います。

今後、どのようにWebサイトの運営をしていきたいですか?

浜田:誰でもBlocksを活用してサイトを変更することができるので、Blocksを利用できるメンバーを増やして、より多くのA/Bテストを回していきたいと思っています。また、過去に閲覧したページやお気に入りの物件情報など、ユーザーの興味関心に合わせたコンテンツを提供できるようにBlocksでサイト全体をパーソナライズ化していくことで、顧客にとっても使いやすいサイトに育てていきたいと思います。

事例1 Webページのコンテンツ制作が2週間から3時間に短縮

[CX Clip用]Blocks CL活用事例 見出しなし.003

  • 課題
  • キャンペーンのリリース日に合わせてWebページを1ページ分作成する必要があったが、使用する素材が上がってきたのが直前で、アウトソースすると、リリース日に間に合わなかった
  • 打ち手
  • Blocksを活用して、ページ全体のコンテンツを更新した
  • 結果
  • もしアウトソースしていたら2週間程度かかっていたが、要した時間は打合せと作業それぞれ1〜2時間で、合計3時間ほどでコンテンツ制作が行えた

事例2 中古物件に興味ありユーザーにリノベーションのボタンを表示

[CX Clip用]Blocks CL活用事例 見出しなし.010

  • 課題
  • TOPページでの訴求エリアは限られるため、届けられる情報が限定されてしまっていた
    結果、特定のユーザーにとっては不必要な情報が掲載されてしまっていた
  • 打ち手
  • Blocksを活用して、ユーザーの行動データから中古マンション、戸建てに興味のあるユーザーをセグメントして、リノベーションのボタンを配信した
  • 結果
  • 必要な情報を必要なユーザーにだけ適切に届けることができた

その他のKARTE Blocks活用事例は、こちらからご確認いただけます
KARTE Blocksについてのお問い合わせはこちらからお気軽にご質問、ご相談ください。

ノーコードでサイト管理
KARTE Blocks

ウェブサイト制作における3つの課題と、KARTE Blocksによる新しいサイト管理体験について

ノーコードでサイト管理 KARTE Blocks