プロダクト

ナビプラスのレコメンドサービス「NaviPlusレコメンド」と連携開始しました

11 Aug, 2016

    ナビプラス社が提供するレコメンドエンジン「NaviPlusレコメンド」とウェブ接客プラットフォーム「KARTE」の連携が8月4日より開始されました。
    これにより、ユーザーの特性にあわせたレコメンドを最適なタイミングで提案することが可能となります。

    お客様の状況に応じたレコメンドが可能に

    「NaviPlusレコメンド」は、訪問者の⾏動履歴を解析する「協調フィルタリング」とページ上のテキスト情報を解析する「テキストマイニング」を⽤いたハイブリット型のレコメンドエンジンです。
     
    それぞれのデータをもとに関連性の⾼いアイテムをレコメンドすることが可能で、「この商品を⾒ている⼈は、他にこんな商品も⾒ています」「あなたへのおすすめ商品」といったレコメンドを提⽰することができます。
     
    「KARTE」と連携させることにより、レコメンドを表⽰するタイミングや出し⽅を⾃由に設定できるほか、「KARTE」で蓄積した訪問者の特徴に合わせた「レコメンドの種類の出しわけ」をすることが可能になります。
     
    レコメンドは、通常であればフッターなどの定位置に表⽰する形となりますが、「KARTE」でレコメンドを表⽰することにより、特定のページに遷移したタイミングでポップアップを表⽰するなど、ユーザーの状況に応じてレコメンドすることが可能になります。
     
    また、効果に応じてそのタイミングを簡単に変更できる為、より効果的なレコメンドの表⽰⽅法を⾼速な PDCAサイクルを回しながら試していくことができます。

    「KARTE」での表示パターン

    サイト右端(左端)に縦3列で表示

    PCの画面で大きくレコメンドを表示させたい場合に有効です。
    6個のアイテムを一度に表示できます。

    %E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88-2016-08-10-16.54.08-1024x549

    サイト下部にバナーで表示

    スマートフォンの画面など、大きく表示できない場合にはバナーでの表示も可能です。
    3個のアイテムを表示できます。

    %E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88-2016-08-10-16.58.27-1024x785

    開閉式のバナーで表示

    画像が入っているバナーの場合、サイトの表示にかぶってしまうこともあり、サイトのレイアウトによってはユーザーに好ましく思われない可能性があります。
    その場合には、開閉式のバナーでまずは小さく表示し、興味あるユーザーにだけクリックしてもらい、その後画像を表示するということも可能です。

    %E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88-2016-08-10-16.58.20-1024x818

    「KARTE」との連携により可能になるレコメンドの出しわけ例

    「KARTE」との連携により、訪問者の特徴に合わせた出しわけが可能になります。

    過去の⾏動履歴に応じたレコメンド

    じっくり検討しているユーザーに対し、閲覧履歴や購⼊履歴に応じたレコメンドを表⽰することができます。
    多くの場合、閲覧履歴に応じたレコメンドは商品詳細ページ、購⼊履歴に応じたレコメンドはカートページに表⽰しますが、他のページでも表⽰することで購⼊率の向上が期待できます。

    会員属性に応じたランキング

    男⼥など属性に応じた商品を取り扱っている場合は、会員属性に応じたランキングを表⽰することができます。

    来訪時に新着アイテムをレコメンド

    再来訪したユーザーに対して、新着アイテムを⾃動的にピックアップして表⽰することができます。

    今、この商品が売れました!

    売れたアイテムを新着順に表⽰することが可能です。滞在時間が⻑いユーザーに表⽰することで、回遊を促すことができます。
     
    この他にも様々なレコメンドの出しわけが可能です。

    メールマガジンの購読はこちら

    CX Clipの更新情報を、毎週お届けします!

    登録する

    KARTE についてのお問い合わせ

    一人ひとりに合わせた体験づくりをはじめましょう

    問い合わせる

    SNSで情報を受け取る

    KARTEに関する最新情報をお届けします!