CXを紐解き、顧客目線の
アイデアを刺激するメディア

検索
タグから探す

Produced by

KARTE Blocksプロダクトアップデート(2021年5月)🎉

KARTE Blocksプロダクトアップデート(2021年5月)🎉

28th Jun, 2021

こんにちは。KARTE Blocksチームの武藤です。

KARTE Blocksのプロダクトアップデート5月版をお届けします!今月は、より直感的に・簡単に操作いただけるような機能開発が多くありました。

※これまでのプロダクトアップデートは下記からご確認ください。

KARTE Blocksとは
サイトをブロックの集合体として捉えてブロックごとに更新・管理ができるのはもちろん、サイトの成長を実現するための分析、ABテスト、パーソナライズまで、ワンストップかつノーコードで誰でも簡単に行うことができるプロダクトです。どのようなサイトでもタグを1行貼るだけでセットアップが完了し、すぐに利用できます。

管理画面内でリアルタイムプレビューができるように

KARTE Blocksでは、タグを1行サイトに設置するだけでサイト上のあらゆるコンテンツをブロック単位で更新することができます。「リアルタイムプレビュー機能」により、編集中のブロックの内容・表示を本番反映前に確認できましたが、以下のような操作上の課題がありました。

  • プレビュー画面が別タブ遷移になるので、確認するためにタブを都度切り替える必要があった
  • スマホサイトでのプレビューは都度追加の設定が必要だった

今回のアップデートによって上記の課題が解決され、管理画面内で実際のページを見たまま編集ができるようになりました!また、プレビューするデバイスも柔軟に切り替えられるようになっています。

自分が所属するセグメントを簡単に確認できるように(拡張機能)

KARTE Blocksでは、来訪回数や閲覧ページのような行動データを用いてパーソナライズ配信が可能です。パーソナライズ配信の状況を確認するケースでは、自分が現在どのセグメントに所属しているのか確認したいことがあります。

今回のアップデートによって、Chromeの拡張機能から自分が現在どのセグメントに合致しているかが直感的にわかるようになり、簡単に・正確にパーソナライズ配信時の確認が行えるようになりました。

ページ登録設定がさらに簡単にわかりやすく

KARTE Blocksでは、はじめにブロックの更新や効果測定を行うためにページを登録します。従来は対象ページを登録する際にURLの条件を自分で設定する必要がありましたが、今回のアップデートによって、入力されたURLをシステムが自動的に分解して条件にセットするようになりました!これにより、自分でURLの条件を設定することなく、より簡単にページ登録が行えるようになっています。

こちらは、利用ユーザーの皆様からフィードバックとしていただいた箇所のアップデートになります。




以上、5月のプロダクトアップデートをご紹介しました。今回ご紹介したような既存機能の利便性向上と並行して、KARTE Blocksの今後の目玉となり得る新機能も鋭意開発中なので、来月以降のアップデートにも引き続きご期待ください!
また、今回のアップデートに関するフィードバックも募集しています!KARTE Blocksご利用の企業様は、Slackまたはチャットから、ご意見をお寄せください。

【無料プラン開始】KARTE Blocks

サイトの更新・評価・改善をもっと自由に、直感的に。
期間制限のない無料プランをすぐに利用できます。

【無料プラン開始】KARTE Blocks