CXを考える

「空回り」せず、顧客体験(CX)を企業戦略に落とし込んでいく方法とは?【読者プレゼントあり】

近年、急速に注目を集めているキーワードが「カスタマー・エクスペリエンス(CX)」である。「顧客体験」と訳されるCXは、これからの企業が最も重視すべきテーマとなりつつある。

14 Aug, 2019

    近年、急速に注目を集めているキーワードが「カスタマー・エクスペリエンス(CX)」である。「顧客体験」と訳されるCXは、これからの企業が最も重視すべきテーマとなりつつある。ただし、「CXとは何か」を十分に議論・認識せず「CXの向上」に取り組んでいる企業も少なくない。ではどうすれば良いのか──。
    自身の経験を基に昨秋『CX戦略』を著した野村総合研究所 田中達雄氏と、CXプラットフォーム「KARTE」を提供する弊社代表の倉橋が「CXの本質」について語りました。

    目次

    • 空回りする日本企業のCX戦略
    • 「CXの向上」=「利益の向上」になるのか
    • 顧客ロイヤルティと株価には正の相関がある!?
    • CXでまず手を付けるべきは「〇〇〇」
    • CXに不可欠なのは原点回帰

    この対談の模様と書籍『CX戦略』を、数量限定でプレゼントいたします。

    対談PDFと書籍をプレゼント!

    410f3xItpVL. SX350 BO1-204-203-200

    CX(カスタマー・エクスペリエンス)戦略: 顧客の心とつながる経験価値経営

    著者:田中 達雄
    出版社: 東洋経済新報社 (2018/9/14)

    内容紹介

    「選ばれる会社」「神対応」は、仕組み化できる

    チャールズ・シュワブ、ウェルズ・ファーゴ、メットライフ生命、カールスジュニア・・・・・・
    豊富な先行事例とともに、CX戦略の進め方を徹底解説

    CXはコストであり、利益を損なうだけではないのか?
    CXは企業収益に貢献するのか?
    もちろん答えは「収益に貢献する」である。

    ヒトの心理や感情は、非合理で、アナログで、複雑で、深遠である。

    CXは、そんなヒトの心理や感情を科学的に解き明かし、
    マネジメントしようとする挑戦である。

    プレゼント発送先登録フォーム

    ※本記事は、2019 年 6月19 日に掲載されたビジネス+IT からの転載です。
    ※ご応募は、お一人様につき一回までとさせていただきます。
    ※予定した数量に達し次第、キャンペーンを終了させていただきます。
    ※書籍の送付につきましては、9月下旬頃を予定しております。

    メールマガジンの購読はこちら

    CX Clipの更新情報を、毎週お届けします!

    登録する

    KARTE についてのお問い合わせ

    一人ひとりに合わせた体験づくりをはじめましょう

    問い合わせる

    SNSで情報を受け取る

    KARTEに関する最新情報をお届けします!