CXを紐解き、顧客目線の
アイデアを刺激するメディア

検索
タグから探す

Produced by

App|登録後24時間以内の女性アプリ会員に、ポップアップで自分からの「いいね」を訴求(paters)

App|登録後24時間以内の女性アプリ会員に、ポップアップで自分からの「いいね」を訴求(paters)

女性のマッチング実現率の分析を行ったところ、女性が「いいね」を30以上するとマッチングできる確率が高まることに気がつきました。 女性会員にこれまで以上に積極的に「いいね」をしてもらうことを訴求する施策を企画しました。

18 Feb, 2020

  • 課題
    マッチング率を向上させるため、女性アプリ会員からの「いいね」を促進したい
  • 施策
    登録後24時間以内の女性アプリ会員に、ポップアップで自分からの「いいね」を訴求
  • 結果
    女性会員の平均いいね数が10%増加

課題
マッチング率を向上させるため、女性アプリ会員からの「いいね」を促進したい

patersではサービスの特性上、女性会員に比べて男性会員が少ない人数構成となっています。そのため、他のマッチングアプリと異なり女性会員は男性からの「いいね」を待っているだけではなかなかマッチングが成立しません。女性のマッチング実現率の分析を行ったところ、女性が「いいね」を30以上するとマッチングできる確率が高まることに気がつきました。 この気づきは他のマッチングサービスの印象とは逆転しているため、そのままでは女性会員に伝わりません。そこで、女性会員にこれまで以上に積極的に「いいね」をしてもらうことを訴求する施策を企画しました。

施策
登録後24時間以内の女性アプリ会員に、ポップアップで自分からの「いいね」を訴求

KARTE for Appを活用し、新規登録をして24時間以内の女性アプリ会員に対して女性会員からの「いいね」を後押しするポップアップ施策を実施しました。初めに、アクション1案の「patersでは平均5人に1人の男性会員が『いいね』を返してくれるため、まずは30人に『いいね』してみましょう」という表現で「いいね」を促すアクションを実装しました。
その後アクション2案では、patersは男性会員の比率が低いという特徴を強調し、「少ない男性会員に気づいてもらうために、まずはあなたから『いいね』してみてください」という表現で30人への「いいね」を促しました。

施策イメージ0

結果
女性会員の平均いいね数が10%増加

KARTEでの接客を始める以前は、女性会員に「いいね」を30してみましょう、との訴求をしていませんでした。そのため、アクション1の「まずは30人にいいねしてみましょう」という訴求だけでも一定の効果が出ました。しかし、patersの特性を強調したアクション2の「まずはあなたからいいねしてみてください」という表現に切り替えてからは、30いいねをする女性会員の割合が、実施前に比べて10%増加しました。また、30いいねまでしなくても、女性会員1人あたりのいいね数が増え、結果的にマッチング率も向上しました。
表現をチューニングを重ねた結果、なぜその行動が必要なのか、どういった結果に繋がるのか、といった理由を具体的に示した方が行動につながりやすいことが分かりました。

インタビュイー

南園 秀人 様

株式会社paters / paters

https://paters.jp/

株式会社paters(ペイターズ)は、自分の経済状況やバックグラウンドに左右されず、誰もが自分の夢を追いかけられる世界になってほしいとの願いから、人生の変わる出会いがたくさん生まれる社会を目指して、従来のマッチングアプリでは叶わなかったプラスαの出会いを実現するマッチングプラットフォーム、「paters(ペイターズ)」を運営しています。

JapanTaxi株式会社 / 「JapanTaxi」アプリ

App | 適切なタイミングでネット決済の設定忘れをお知らせし機能利用を訴求。サポートコスト削減にも寄与 (JapanTaxi)

App | 適切なタイミングでネット決済の設定忘れをお知らせし機能利用を訴求。サポートコスト削減にも寄与 (JapanTaxi)

ウェブとアプリを横断して
最適なCX(顧客体験)を

ウェブとアプリを横断してユーザーを知る・ユーザーに合わせることが可能になるCX(顧客体験)プラットフォームKARTE及び施策シナリオのサンプルをご紹介しています。

ウェブとアプリを横断して 最適なCX(顧客体験)を