CXを紐解き、顧客目線の
アイデアを刺激するメディア

検索
タグから探す

Produced by

サービスに対する不安をチュートリアルで解決。サービスへの信頼を高め、数値も向上

サービスに対する不安をチュートリアルで解決。サービスへの信頼を高め、数値も向上

17th Feb, 2021

  • 課題
    初めて利用される方にとって、サービス内容がわかりづらいのではという課題があった
  • 施策
    お客様が不安に感じるであろうポイントをわかりやすく訴求
  • 結果
    CVRと売却いただける単価が向上したことにより、LTVも向上

課題
初めて利用される方にとって、サービス内容がわかりづらいのではという課題があった

ブランディアではサービスを利用する際に、会員登録をする必要があります。ですが、初めてご利用される方には、色々なサービスがサイトに載っているため内容が少し理解しづらい部分もあり、また買取までのプロセスも複雑な印象を与えてしまうという課題がありました。「傷がついていたら、査定金額がつかないのでは?」や「査定したら必ず売却しないといけないのでは?」など、買取プロセスにおいても不安に感じられるポイントがあり、結果、会員登録に至らないお客様も多いのではと考えていました。

施策
お客様が不安に感じるであろうポイントをわかりやすく訴求

お客様が不安に感じるポイントについて、来訪したタイミングできちんとお伝することで、安心してサービスを使ってもらえるのではないかと考え、該当するポイントを画像つきでわかりやすく、訴求しました。また、サービスの信頼性を訴求するブランド数の豊富さや、お客さまが実際に不安になりそうなポイントを訴求するなど、どういった情報を必要とされているかを知るため、ABテストを行いました。

結果
CVRと売却いただける単価が向上したことにより、LTVも向上

一番成果が高いパターンでは、施策を配信しないパターン(未実施時)に比べ、CVRは0.3%、売却いただける単価は約330円高くなり、1件あたりの単価があがったことによりLTVも向上することができました。(調査者:ブランディア、調査期間:2020年6月、対象:調査期間内に初めてサイトに訪れたユーザー)

インタビュイー

遠藤様、八木橋 様

株式会社デファクトスタンダード / Brandear(ブランディア)

https://brandear.jp/

ブランディアは不要になったブランド品を「ダンボールに詰めて送る」だけで査定・買取を行うブランド品宅配買取サービスです。

関連記事

株式会社SBI証券 / SBI証券

KARTE Liveを使ってポップアップを表示するタイミングを調節。お客様の満足度が向上し、クリック率もアップ|KARTE Live

KARTE Liveを使ってポップアップを表示するタイミングを調節。お客様の満足度が向上し、クリック率もアップ|KARTE Live

メールマガジンの購読はこちら

CX Clip の更新情報を毎週お届けします!

KARTE についてのお問い合わせ

一人ひとりに合わせた体験づくりをはじめましょう

SNSで情報を受け取る

KARTEに関する最新情報をお届けします!