CXを紐解き、顧客目線の
アイデアを刺激するメディア

検索
タグから探す

Produced by

お客様の行動からインサイトを理解。一人ひとりに合ったキャンペーンを訴求し、平均販売単価も向上

お客様の行動からインサイトを理解。一人ひとりに合ったキャンペーンを訴求し、平均販売単価も向上

17th Feb, 2021

  • 課題
    不必要な情報を訴求してしまうことによって、お客様の熱量を削いでしまっているのではという懸念があった
  • 施策
    お客様の行動を線で捉え、それぞれに適切なキャンペーンを訴求
  • 結果
    単価が向上し、お客様がお得にサービスを利用する機会をつくることができた

課題
不必要な情報を訴求してしまうことによって、お客様の熱量を削いでしまっているのではという懸念があった

ブランディアでは様々なキャンペーンを実施しているため、各キャンペーンを適切なお客様に訴求しないと、かえって余計な情報になってしまい、お客様の熱量を削ぐことにもなりかねません。KARTEを導入する以前は、「◯◯のページにアクセスしたユーザー」という特定のアクションでしかお客様を捉えることができず、その行動が本当にお客様のインサイトを表しているのかについて、疑問が残っていました。

施策
お客様の行動を線で捉え、それぞれに適切なキャンペーンを訴求

KARTE導入後はお客様の行動を点ではなく、線で捉えられるようになったため、リピーターの方のサイト内の行動履歴から「この方は◯◯を売りたいのかもしれない」と仮説が立てやすくなりました。例えば、バッグを売りたいと想定できる方であれば「買取強化キャンペーン中のブランドを並べたポップアップを表示する」というようにお客様ごとに案内するキャンペーンに変えました。

施策イメージ0

結果
単価が向上し、お客様がお得にサービスを利用する機会をつくることができた

お客様の販売額の単価が、今までの平均より上がりました。また、キャンペーンを適切に訴求できたことで、お客様もお得にサービスを利用することができ、その後「また使いたい」という気持ちにつながったのでは、と考えています。

インタビュイー

遠藤様、八木橋 様

株式会社デファクトスタンダード / Brandear(ブランディア)

https://brandear.jp/

ブランディアは不要になったブランド品を「ダンボールに詰めて送る」だけで査定・買取を行うブランド品宅配買取サービスです。

関連記事

株式会社SBI証券 / SBI証券

KARTE Liveを使ってポップアップを表示するタイミングを調節。お客様の満足度が向上し、クリック率もアップ|KARTE Live

KARTE Liveを使ってポップアップを表示するタイミングを調節。お客様の満足度が向上し、クリック率もアップ|KARTE Live

メールマガジンの購読はこちら

CX Clip の更新情報を毎週お届けします!

KARTE についてのお問い合わせ

一人ひとりに合わせた体験づくりをはじめましょう

SNSで情報を受け取る

KARTEに関する最新情報をお届けします!