ベストプラクティス

興味関心の強いエリア・職種に合わせた適切な求人ご案内(カイゴジョブ)

ユーザーにマッチする求人に対するコンバージョン数が、KARTE導入前の約1.4倍となりました。

Practice

  • 課題

    ユーザー毎の関心にあった求人案内を行いたかった

  • 施策

    ユーザー毎にマッチする求人にダイレクトで遷移するご案内を表示

  • 結果

    コンバージョン数が約1.4倍に増加

課題

ユーザー毎の関心にあった求人案内を行いたかった

カイゴジョブでは全国各地の求人を掲載しており、介護の形態・職種も様々なものがあります。ユーザー側にサイト内検索等、常に能動的に動いてもらわないと求人が探せない状況に課題を感じていました。

施策

ユーザー毎にマッチする求人にダイレクトで遷移するご案内を表示

ユーザー毎の閲覧ログから最も関心の高いエリアや職種でセグメントを作成して、それぞれのセグメントに応じたご案内を行いました。エリアは都道府県〜市区町村まで、形態・職種は施設/在宅、介護職/看護師/ケアマネなど細かく設定しています。 ダイレクトに求人の詳細まで遷移することができるご案内を表示しているほか、施策の表示秒数も制限することで、サイトのユーザー体験を損ねないよう配慮し、心地よく情報を伝えることを意識しました。

結果

コンバージョン数が約1.4倍に増加

ユーザーにマッチする求人に対するコンバージョン数が、KARTE導入前の約1.4倍となりました。 接客表示を限定することで、低コストでゴール率を改善できました。

  • コンバージョン数

    140%↑

株式会社エス・エム・エス / カイゴジョブ

https://www.kaigojob.com/

「カイゴジョブ」は、会員約85万人が利用する業界最大級の介護職向けの求人・転職情報サイト。 ホームヘルパーや施設介護職員・ケアマネジャー・サービス提供責任者・生活相談員などの求人情報をインターネット上で検索・応募が可能。

  • 池水 了規 様