ベストプラクティス

アクセスしたチャネルに応じてページ内の画像を出しわける(ライトオン オンラインショップ)

チャネルごとの効果測定がしやすくなりました。

  • 課題

    クーポンの効果をチャネルごとに計測したい

  • 施策

    経由したチャネルを判定して自動で画像を出し分け

  • 結果

    工数を削減しながら、チャネル別の効果が把握できるようになった

課題

クーポンの効果をチャネルごとに計測したい

店舗でご利用いただけるクーポンをLINEやメルマガ、アプリで配信しているのですが、どのチャネルを経由してアクセスしたクーポンなのか判別するために、これまではクーポンページをそれぞれ作成していたため余分な手間がかかっていました。加えて、利用しているCMSの関係で時限公開が行えず、手動で公開・非公開を行う必要がありました。

施策

経由したチャネルを判定して自動で画像を出し分け

KARTEを活用することにより、経由したチャネルを判定して、同一ページ内の画像を自動で出し分けることが可能になったほか、公開や終了のタイミングもKARTEで自由に行えるようになりました。

結果

工数を削減しながら、チャネル別の効果が把握できるようになった

チャネルごとの効果測定がしやすくなりました。ページ作成が不要になり、期限設定やクーポンの切り替えも自由に設定できるようになったため、作業の手間を大きく軽減することができました。施策を柔軟にコントロールできるようになったのも大きなポイントですね。

株式会社ライトオン / ライトオン オンラインショップ

https://e.right-on.co.jp/

ジーンズセレクトショップのライトオンが運営する通販サイト。年齢・性別を超えた幅広い客層に、ジーンズを中核アイテムとしたカジュアルウェアを販売する専門店。

  • 金谷 洋人 様