CXを紐解き、顧客目線の
アイデアを刺激するメディア

検索
タグから探す

Produced by

商品比較機能の提供を開始!複数の商品を一画面で比較検討できるように

商品比較機能の提供を開始!複数の商品を一画面で比較検討できるように

4th Dec, 2019

こんにちは、プレイドの武藤です。

CX Clipの「プロダクト」カテゴリでは、KARTEを使う中で役に立つTipsをブログ形式で解説しています。
2019年12月に、KARTEとKARTE Datahub(以下、Datahub)を活用してWebサイト上の一画面内で「複数商品の比較検討」を行うことができる機能を追加しました。本稿では、この機能について紹介いたします。

機能概要

以下のイメージをご確認ください。

foo

従来であれば、気になる商品同士を比較したい場合は、ブラウザのタブを複数開くなどして、複数回のクリックやページ遷移が必要でした。特にスマートフォンの場合はPCと比較して余計に不便を感じることが多かったかと思います。

本機能を活用することで、面倒なクリックやページ遷移を伴わずに、複数の商品を一画面の中で横並びに比較できるようになりました。

※こちらの機能を実現するには、Datahubが必要になります。具体的な設定方法については、以下のサポートサイトをご確認ください。

KARTE Datahubとは?

KARTE Datahubとは、KARTEのオプション機能の1つです。
顧客データや行動データ、オフラインデータなど分断されているデータベースをKARTEに統合して、KARTE上のセグメントやアクションに自由に利用することができます。

詳しくは、以下のサービスサイトをご覧ください。

主な活用シーン

  • アパレル
    • サイズやカラーなど
  • EC
    • 細かなスペック差(カメラ・家電製品など)
  • 人材
    • 時給、仕事内容、福利厚生など
  • 不動産
    • 家賃、間取り、エリアなど
  • 金融
    • 金額、利息、手数料など

sample

また、比較商品のイベント情報を活用して、比較されている商品のランキングをサイト上に表示したり、このイベントをレコメンドのロジックに加味することによって、よりユーザーの志向に合わせた商品レコメンドを行ったりと、本機能以外への展開も可能です。レコメンド機能については以下記事も参考にしてください。

69802328-af70a200-121c-11ea-857d-9551f8452cb3

最後に

KARTEでは、今後もこのようなユーザーにとって便利な機能を提供していく予定です。

  • https://karte.io/

メールマガジンの購読はこちら

CX Clip の更新情報を毎週お届けします!

KARTE についてのお問い合わせ

一人ひとりに合わせた体験づくりをはじめましょう

SNSで情報を受け取る

KARTEに関する最新情報をお届けします!