CXを紐解き、顧客目線の
アイデアを刺激するメディア

検索
タグから探す

Produced by

ユーザーインサイトに基づいて施策を改善するために、アンケートを活用(RakutenTV)

ユーザーインサイトに基づいて施策を改善するために、アンケートを活用(RakutenTV)

22th Jan, 2020

  • 課題
    クーポン利用率が低い原因を探りたい
  • 施策
    アンケート機能を活用して”ユーザーの感覚”を知る
  • 結果
    ユーザーの感覚に基づいた正しい施策改善のインサイトを発見

課題
クーポン利用率が低い原因を探りたい

Rakuten TVではユーザーが誰でも使えるクーポンを付与してバナーやポップアップで訴求しています。しかし、全ユーザーが利用できる特典にも関わらず、クーポンの利用率が低いことが課題になっていました。そこで、クーポンの利用率が低いことに対して、クーポンの金額に魅力を感じていないのではないのか、そもそもクーポンの存在を認識していないのではないかという2つの仮説を立て、原因を探ろうと考えました。

施策
アンケート機能を活用して”ユーザーの感覚”を知る

原因を探るためにKARTEのアンケート機能を利用し、クーポンに対するユーザーの感覚を聞こうと考えました。「クーポンが付与されていることに気付いていますか?」「クーポンはお得に感じますか?」と質問するシンプルなアンケートを実施しました。

施策イメージ0

結果
ユーザーの感覚に基づいた正しい施策改善のインサイトを発見

シンプルなアンケートでありながら、1ヶ月で4000件程度の回答が集まり、クーポンをお得に感じている人は6割いる一方で、クーポンの付与に気付いていない人が8割いることがわかりました。ユーザーがクーポンに気付いていないことが原因で利用に繋がっていなかったことが分かり、今後の施策改善のための重要なインサイトを得ることができました。もしもKARTEのアンケートを使わずに仮説を確かめないまま施策を考えていたら、クーポンの金額を無闇にあげるなど的外れな改善を行ってしまう可能性もあり、「ユーザーの感覚を知る」ということの重要さを再認識しました。

インタビュイー

津輕 辰彦 様

楽天株式会社 / Rakuten TV

https://tv.rakuten.co.jp/

18万作品以上の映画やドラマ、パ・リーグの試合を配信をしている楽天の動画配信プラットフォーム。月額利用料0円!好きな作品を1本から購入・レンタルできて、楽天スーパーポイントが使える・貯まる、便利なサービスです。

関連記事

auコマース&ライフ株式会社 / LUXA(ルクサ)

App|設定値配信を活用しバナーを配信することで運用工数削減&PDCA効率化の実現(LUXA)

App|設定値配信を活用しバナーを配信することで運用工数削減&PDCA効率化の実現(LUXA)

メールマガジンの購読はこちら

CX Clip の更新情報を毎週お届けします!

KARTE についてのお問い合わせ

一人ひとりに合わせた体験づくりをはじめましょう

SNSで情報を受け取る

KARTEに関する最新情報をお届けします!